2011年1月18日アーカイブ

SurfaceView でループ処理をするときに、Thread を使う。

メインのスレッドとは別のスレッドが実行されるらしいけど、良く分からなかった。

でも、ちょっと分かって来たので、少し書いて置く。


まず、Thread は、Android の機能と言うより、Java がもともと持っている機能のようです。

スレッドを作ると、メインのスレッドとは別に、並列のように実行されるらしいです。実行される内容は、run の中身です。

自作スレッドは、主に、次のようなライフサイクルを持っています。


■Thread のライフサイクル
1.new で、インスタンスを作成すると、「初期状態」になる。
2.start で、「実行可能状態」になる。
3.「実行可能状態」にある時は、自動で「準備」と「実行中」を繰り返す。
4.「実行中」は、run の中が順番に実行される。
5.sleep で、「実行不可能状態」になる。
6.「実行不可能状態」は、時間が来たら、「実行可能状態」になる。
7.run の中が最後まで実行されると、このスレッドは終了する。


要は、start で、run が実行されて、run が最後まで実行されると終了します。

また、この間も、メインの処理は実行さ続けます。

MTBlog50c2BetaInner

ランダムブログ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のブログ記事

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03